“格安スマホ”の通信速度が遅くなる理由

  • 1
  • 2015年12月28日

1. 基地局(アンテナ)不足による速度低下

docomo、au、Softbankなどの携帯電話キャリアは、携帯電話やスマートフォンとデータの送受信を行うための基地局(アンテナ)を全国に設置しています。

1つのアンテナで「同時につながる携帯電話の数」や「同時に行えるデータ通信の量」には上限があるため、繁華街など利用者が多い場所には多数の基地局が細かく設置されます。

素材2

しかし場所と時間帯によっては基地局の容量を超えて利用者が集中することがあります。

利用者が多すぎると通信がつながりにくくなり、つながった場合でも大勢で限られた容量を分け合うため、一人あたりの通信速度が低下します。

素材3

「通勤ラッシュ時の駅や電車」や「花火大会などのイベント会場」など、大勢の人が集まる場所で通信速度が遅くなるのは、利用者に対して基地局が足りないために起こります。

この「基地局不足による速度低下」は、携帯電話キャリア、格安スマホともに発生します。「格安スマホだからつながりにくい」ということはありません。

2. 接続回線の容量不足による速度低下

格安スマホを提供するMVNOは、携帯電話キャリア(主にdocomo)からネットワークを借りてサービスを提供しています。基地局など無線部分はキャリアと同じですが、MVNOの場合はキャリアと有線の通信回線で接続されています。(=わかりやすく “接続回線” と書きます)

素材4

“接続回線” にはMVNOユーザー全員の通信が流れるため、利用が集中する時間帯には渋滞してしまい速度低下が起こります。

素材5

格安スマホでは接続回線の渋滞がボトルネックとなり「12~13時の昼休み」など利用が集中する時間帯は速度が低下します。

「接続回線 の容量不足による速度低下」は格安スマホ特有のものとなります。

1の「基地局不足による速度低下」は特定のエリア内での現象ですが、この格安スマホ特有の速度低下は利用エリアに関わらず発生します。(全体的に速度が低下します)

“接続回線” が充分に太ければ発生しない現象ですが、実際にはどのMVNOでも料金との兼ね合いで「利用が集中する時間帯はある程度は遅くなる」というのが現状です。

G-Phoneはキャリアから直接ネットワークを借りるのではなく、大手MVNOから仕入れたものにオプション、サポートを組合わせサービスを提供しています。

※ MVNOの選定は、料金と通信速度のバランスを考慮して決定しています。

    <<オススメ記事>>
“格安スマホ”の通信速度が遅くなる理由
 “格安スマホ”の料金が安い理由
 “格安スマホ”がオススメな人は?

   <<オススメ記事>>
“格安スマホ”の通信速度が遅くなる理由
 “格安スマホ”の料金が安い理由
 “格安スマホ”がオススメな人は?


About G-Phone